モーニングピッチ

NEWS

2018.07.26

 

 

大企業とベンチャーの協業共創をより加速させる

Morning Pitch Acceleration Program始動

~大企業5社が合同でベンチャーとの事業共創を目指す、大規模オープンイノベーションを展開~

          

デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:吉村孝郎 以下DTVS)は、日本のオープンイノベーションを加速させるため、DTVSが運営する「Morning Pitch」の冠で初となる、アクセラレーションプログラムを開始します。

同プログラムは、セイノーホールディングス株式会社、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社、三井化学株式会社、大和ライフネクスト株式会社、凸版印刷株式会社の5社が合同でベンチャー企業から事業連携案を募集するもので、DTVSはその全体運営を行います。

日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームである「Morning Pitch」の特性を生かすため、大企業5社が集まり、大企業1社とベンチャー企業との事業共創だけではなく、複数の大企業とベンチャー企業による大規模オープンイノベーションも可能となります。

さらに、技術系からサービス系までの幅広いベンチャーが応募できるテーマを設定し、既存の個社毎のアクセラレーションプログラムとは一線を画したプログラムを展開します。2018年7月より募集を開始し、2019年2月に事業共創の発表を予定しています。

 

【本イベントのポイント】

● ベンチャー企業との事業共創を目指し、大企業5社が結集

● 「Morning Pitch」冠のアクセラレーションプログラムは今回が初めて

● イノベーション後進国日本を変える、大規模なオープンイノベーションを展開

 

【プログラム説明会の概要】

日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームである「Morning Pitch」の特性を生かすため、大企業5社が結集し、ベンチャー企業との事業共創だけではなく、複数の大企業とベンチャー企業の事業共創など、事業共創の質・量ともに既存のアクセラレーションプログラムとは一線を画したプログラムを展開します。

この度、本プログラムのベンチャー企業向け説明会を以下の通り開催します。
なお、本プログラムは、説明会を皮切りにスタートし、事業共創の発表は2019年2月下旬頃を予定しています。

日   時:2018年8月8日(水)11:00~14:00 (受付開始10:30)

場   所:FinGATE KAYABA(東京都中央区日本橋茅場町1丁目8−1)

参 加 者:スタートアップ関係者約100名

内   容:主催者挨拶、募集テーマ発表、大企業逆ピッチ、相談会

 

※当日取材にお越しいただけるメディア関係者様は、【8月7日(火)までに下記お問い合わせ先まで】ご連絡をお願いいたします。

 

【Morning Pitch Acceleration Program公式サイト】
https://acceleration.morningpitch.com

 

【日経新聞取材記事】
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO33429560W8A720C1000000?s=2

 

【お問い合わせ先】

デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社

事業統括本部/横山 創一(soichi.yokoyama@tohmatsu.co.jp