モーニングピッチ

 
優良ベンチャー企業と
効率的に
リレーション構築が可能!
ベンチャー企業への取材
こんなお悩みはありませんか?
ベンチャー企業のニュースが埋もれてしまい
適切にキャッチアップしにくい
ベンチャー企業には専任の広報・PR担当が
いないことも多く、アプローチしづらい
宣伝やセールス色の強い営利活動的なリリースが
散見されニュースとして取り上げにくい
まだ一般認知度の低い
ベンチャー自体の情報を入手する機会がない
日本最大級!ベンチャー企業と
大企業のマッチングプラットフォーム
Morning Pitch 登壇企業の
最新ニュースを配信!
年間
220登壇
(毎週5社)
累計登壇ベンチャー
1,900社以上
登壇後IPO
50社超が 上場
メディアの方への
サービス内容
01
精査・整理された
ベンチャーニュース
お届けします!
02
希望するテーマ
切り口
合致する
ベンチャー企業を
紹介!
03
ベンチャー情報
イノベーション
トレンド

定期的に
提供します。
メディア会員登録は
こちら
Morning Pitch Venture Press Roomは
会員制サービスとなっております。
Morning Pitch Venture Press Roomは
無料でご利用いただけます!
ご利用のフロー
01
ご利用申し込み
本ページ下部の「申し込み」をご確認の上、お申込ください。
02
事務局の承認
事務局にてご入力内容を確認して、ご利用の可否をお知らせします。
※ご利用は媒体に所属する記者やディレクター、ライターの方等に限らせていただいています。
事務局の判断によりご利用をお断りすることがあります。
03
サービス利用開始
新着リリースお知らせメールが届くほか、マイページから分野ごとのリリース情報の確認ができます。
申し込み
※Morning Pitch Venture Press Roomのメディア会員登録には、Morning Pitch会員登録が必要です。
※申し込みには、下記利用規約への同意が必要です。

Morning Pitch Venture Press Room 報道規約

 

前文

本「Morning Pitch Venture Press Room 報道規約」(以下「本規約」といいます。)は、デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社、(以下「当社」といいます)が提供する、会員サービスの会員のうち、新聞、通信、出版、テレビ、ラジオ、ニュースサイトなどを取り扱う会員に対して、本サービス(第2条で定義されます。)の内容、本サービスの提供条件その他本サービスの提供および利用に関する当社および会員メディア(第2条にて定義されます。)間の権利義務関係を定めるものです。本サービスをご利用いただく場合には、事前に本規約の全文をお読みいただいた上で、本規約に同意していただく必要があります。なお、Morning Pitch会員サービス 会員規約(以下「Morning Pitch会員規約」という。)において定義された各用語は、本規約で特段の定めのない限り、本規約においても同一の意味を有するものとします。

 

第1条 本規約の目的および適用範囲

1. 本規約は、本サービスの内容、本サービスの提供条件その他本サービスの提供および利用に関する当社および会員メディア間の権利義務関係を定めることを目的とするものです。本サービスの提供および利用に関する当社と会員メディアの間のいかなる関係についてもMorning Pitch会員規約の他、本規約が適用されるものとします。

2. 本規約の内容と、その他の本ウェブサイトまたは本サービスに関する説明資料等における記載の間に齟齬がある場合には、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

3. 本規約のいずれかの規定またはその一部が、無効または執行不能と判断された場合であっても、他の規定または当該規定の他の部分は、引き続き完全にその効力を有するものとします。

 

第2条 定義

1. 本規約における「Morning Pitch」とは、事務局が幹事となり開催しているプレゼンテーションイベントをいう。

2. 本規約における「ベンチャーユーザー」とは、Morning Pitchにおいて登壇したベンチャー企業のうち、本サービスに利用登録を行った企業をいう。

3. 本規約における「会員メディア」とは、会員のうち、当社の別途定める手続きに従い、メディア関係者であることその他の事項を要件として第3条に定める登録審査を経て、当社より本サービスの利用資格を付与された者をいう。

4. 本規約における「本サービス」とは、Morning Pitchにおけるベンチャーユーザーによる会員メディアへの情報発信と会員メディアによるベンチャーユーザーへの取材活動に資するために構築された相互のコミュニケーションプラットフォームをいう。

5. 本規約における「ユーザー」とは、ベンチャーユーザー及び会員メディアの総称をいいます。

6. 「コンテンツ」とは、ユーザーが本サービスを通じてアクセスすることができる情報(ベンチャーユーザーのプレスリリースを含む文章、画像、動画、音声、音楽その他のサウンド、イメージ、ソフトウェア、プログラム、コードその他のデータを含みますが、これらに限られません。)および本サービスにより知り得た情報をいいます。

 

第3条 登録審査

1. 当社は、会員メディアとしての利用登録の申請があった場合、メディア関係者であり、かつ当社所定の基準を満たすか等を当社内で別途定める審査基準に従って登録審査を行います。なお、登録申請にて所属法人を登録した会員メディアは、当該所属法人として契約を締結することにつき法的に要求される権限および能力を有している必要があり、当該所属法人が会員メディアと連帯して本規約に定める責任を負うものとします。

2. 当社は、会員メディアの電子メールアドレス等から所属法人として登録申請にて申請された法人への在籍が確認できない等、当社が必要と判断した場合、会員メディアの名刺や寄稿記事の写しなど、必要書類の提示を求めます。

3. 当社が登録審査した結果、利用登録を承認しなかった場合、当社は、当該申請者に対して審査内容(利用登録を承認しなかった理由を含みます。)の開示を行いません。また、当該申請者は、開示の有無を含め、当社の判断に対して、一切異議を申し立てることはできません。

4. 当社は、利用登録を承認しなかった申請者に対し、原則として再審査は行わないものとします。ただし、当社において再審査を行う合理的な理由があると判断した場合には、この限りではありません。

 

第4条 本サービスの利用

1. 当社によって、申請者の利用登録を承認された申請者は、Morning Pitch会員規約と本規約の遵守を条件として、本サービスの非独占的な利用資格を付与するものとします。

2. 本サービスには、当社以外の第三者により提供されるコンテンツが含まれる場合があり、当該コンテンツに関する一切の知的財産権は、当該コンテンツの提供者に帰属するものとします。

3. 会員メディアによるコンテンツの利用とは、①コンテンツを自身または第三者のメディアにおいて情報発信する行為②プレスリリースの転載③その他①および②に付随する利用行為とします。ただし、本規約のほか、当社および当該コンテンツの提供者である第三者が定め、もしくは表明または当社もしくは当該第三者と会員メディアの間で合意されている各種条件(当該利用規約等が変更された場合には変更後の条件を含みます。)の範囲にて当該コンテンツを利用できるものとします。

4. 会員メディアは、コンテンツの利用に関し、一切の責任を負い、当社およびベンチャーユーザーを含む第三者に何等の迷惑または損害を与えないものとし、本サービスの利用に関連して、他のユーザーを含む第三者とトラブル、紛争等が生じた場合、自己責任と費用負担で解決するものとします。

 

第5条 アカウントの管理

1. 会員メディアは、自己の責任においてアカウントを管理・保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはなりません。当社は、当該アカウントを使用して本サービスが利用された場合、当該アカウントを保有するものとして登録された会員メディアが本サービスを利用したものとみなします。

2. アカウントの管理不十分又は第三者の使用等による損害の責任は、会員メディア自身が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

3. 会員メディアは、アカウントが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

 

第6条 当社が取得した情報等の取扱い

当社は、本サービスを提供するにあたり収集・取得する情報について、当社がイベント活動の目的およびそれに準じる情報提供の目的で利用することを了承するものとします。また、当社がこの目的で、デロイト トーマツ グループ各社と共同利用することを了承するものとします。当社は、正当な理由なく、この目的以外にベンチャーユーザーの氏名など個人情報を使用したり公開したりしないものとします。なお、当社は、会員メディアその他の関係者に関する個人情報を、当社のプライバシーポリシー( https://www2.deloitte.com/jp/ja/legal/privacy.html)に従って取り扱うものとします。

 

第7条 コンテンツの利用

1. 会員メディアは、報道目的に限りコンテンツを無償で利用できるものとします。なお、本規約によりベンチャーユーザーに対して具体的・明示的に付与されていない権利(著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を含みます。)は、すべて当社又は当社に使用等の許諾をする当該権利の権利者である第三者に留保されます。また、当社またはベンチャーユーザーから利用内容に対し取り下げや訂正の協力を要請することがあります。

2. 会員メディアは、ベンチャーユーザーが会員メディア向けに限定して公開したコンテンツを閲覧できるものとします。

3. 会員メディアは、ベンチャーユーザーが会員メディアのみを対象として開示する連絡先情報を閲覧し、当該情報をもとにベンチャーユーザーへの問い合わせができるものとします。

 

第8条 本サービスの利用停止、本サービスの利用資格の抹消 および利用資格に関する合意の解除

1. 当社は、会員メディアが以下のいずれかに該当すると判断した場合、当該会員メディアの承諾を得ることなく、本サービスの利用を停止できるものとします。
(1) 本規約第3条(登録審査)における当社内で別途定める審査基準を満たさないことが判明したまたは事後的に満たさなくなったと当社が判断した場合。
(2) Morning Pitch会員規約第6条(会員の禁止行為)もしくは本規約第11条(禁止事項)に違反した場合、またはそれらの場合に該当するおそれがあると当社が判断した場合。
(3) 前号のほか、Morning Pitch会員規約を含む会員メディアに適用される各規約のいずれかの条項に違反した場合、またはそのおそれがあると当社が判断した場合。
(4) ベンチャーユーザーまたはその他の第三者から、当該会員メディアについて、クレームや苦情等があった場合
(5) その他、当社が必要と判断した場合

2. 当社は、会員メディアが以下のいずれかに該当すると判断した場合、会員メディアの承諾を得ることなく、本サービスの利用資格を抹消できるものとします。
(1) 本サービスの利用停止処分事由(前項各号の事由をいいます。以下、本項において同じ。)に該当し、当該事由が重大であると当社が判断した場合
(2) 本サービスの利用停止処分事由に該当し、当該事由の再発防止が難しいと当社が判断した場合
(3) 直近3年以内に2回以上、本サービスの利用停止処分が行われた場合

3. 会員メディアが本サービスの利用が不要となった場合、事務局に連絡することで3営業日以内に本サービスの利用資格を抹消することができます。

4. 当社が会員メディアに対し、「独立性の方針」への違反によって、有限責任監査法人トーマツの所属するネットワーク(日本 公認会計士協会倫理規則の定義による。)内のネットワーク・ファーム(日本公認会計士協会倫理規則の定義による。)の独立性を毀損する結果をもたらす状況を認識した旨通知した場合、当該会員メディアの本サービスの利用の停止、利用登録の抹消を含む、本サービスに関する合意を解除することができます。なお、「独立性の方針」とは、有限責任監査法人トーマツの所属するネットワーク内のネットワーク・ファームが監査または保証業務を実施するにあたり求められる、独立性に関わる公認会計士法等の法令および日本公認会計士協会倫理規則等ならびに各国の相当する法令、規則等をいう。

5. 当社は、会員メディアに対して、本サービスの利用の停止、または本サービスの利用資格の抹消を行う場合、各処分後、当該会員メディアへ通知するよう努めるものとします 。

6. 本条に基づく利用登録の抹消がなされた場合、当該抹消の時点において当社および会員メディア間の本規約に基づく契約関係は終了するものとします。この場合、会員メディアは、本サービスの利用に関して当社に負う債務及び義務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当該債務および義務を履行しなければならないものとします。

7. 会員メディアは、本条に基づく利用登録の抹消がなされた場合でも、本サービスに関して当社、他のユーザーその他の第三者に負う債務及び義務を一切免れることはできないものとします。

8. 当社は、本条に基づき当社が行った利用登録の抹消により会員メディアに損害等が生じた場合でも、当該損害等について一切責任を負わないものとします。

 

第9条 利用料金

1. 本サービスの会員メディアとしての利用登録は無料とします。

2. 会員メディアは、本サービスを無償で利用できます

 

第10条 知的財産権および情報の帰属

本サービスに関する知的財産権は全て当社または当社にライセンスを許諾しているライセンサーに帰属するものとし、本サービスに対する利用登録ならびに本サービスの提供は、何ら当該知的財産権のベンチャーユーザーに対するライセンスを意味するものではないものとします。

 

第11条 禁止事項

会員メディアは以下の行為は行わないものとします。
(1) 報道目的の範囲、または著作権法(昭和45年法律第48号)上の「私的使用のための複製」「引用」の範囲を超えて、コンテンツを利用する行為。
(2) コンテンツに会員メディア以外に対する情報解禁日時が定められている場合、当該日時以前にコンテンツに含まれる情報の全部または一部を第三者(他のユーザーを含みます。以下、本条において同じ)に開示または漏洩する行為。
(3) ベンチャーユーザーが会員メディアのみを対象として公開したコンテンツに含まれる情報の全部または一部を第三者に開示または漏洩 する行為。
(4) 前各号のほかMorning Pitch会員規約または本規約のいずれかの条項に違反する行為
(5) 会員メディア以外において、有償目的でコンテンツを利用する(コンテンツに関連して何らかの対価を取得する行為等を含みますが、これに限られません)行為。
(6) 犯罪行為その他法令(日本国の法令に限らず、諸外国の法令を含みます。以下同様です。)等に違反する行為。
(7) 当社、他のユーザーその他の第三者に対する詐欺又は脅迫行為。
(8) 当社、他のユーザーその他の第三者の営業を妨害し又は信用を毀損する行為。
(9) 当社、他のユーザーその他の第三者の知的財産権、名誉権、プライバシー権その他の権利又は利益を侵害する行為。
(10) 以下に該当する表現を含む内容のメッセージを当社、他のユーザーその他の第三者に送信等する行為。
(ア) 暴力的又は威嚇的な表現
(イ)わいせつ又はひわいな表現
(ウ) 特定の人種、民族、宗教、性的指向等に対する差別を誘引又は助長する表現
(エ)上記のほか、他のユーザーその他の第三者に不快感を与える表現

(11) チェーンメール、スパムメールその他の迷惑メールを当社、他のユーザーその他の第三者に送信等する行為。
(12) コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを拡散する行為。
(13) 当社、他のユーザーその他の第三者になりすます行為。
(14) 当社、他のユーザーその他の第三者の商号、ロゴその他の表示を用いて、これらの者との関係を不当に誤認させる可能性がある情報を登録する行為。
(15) 他のユーザーのアカウントID又はパスワードを盗用又は不正使用する行為。
(16) 本サービスで使用するウェブサイトのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為。
(17) 本サービスで使用するウェブサイトのネットワーク又はシステム等に不正にアクセスする行為。
(18) 広告、宣伝、勧誘、営業行為その他本サービスの趣旨に反する行為。
(19) その他、当社が不適切と判断する行為。

 

第12条 免責および損害賠償等

1. 当社は、本サービスは「現状有姿」で提供され、会員メディアの特定の目的に適合すること、会員メディアが期待する機能、商品的価値、正確性もしくは有用性を有すること、会員メディアによる本サービスの利用が会員メディアに適用される法令等に適合すること、本サービスの利用に不具合が生じないこと、もしくは本サービスにおいて当社またはベンチャーユーザーが提供する情報が真実かつ正確であることのいずれについても何ら保証するものではありません。

2. 当社は、本サービス及び本サービスを通じて直接又は間接的に提供されるコンテンツその他一切の情報につき、瑕疵、セキュリティ上の欠陥、エラー、バグ又は不具合が存しないこと、並びに第三者の権利を侵害しないことについて、如何なる保証も行うものではありません。

3. 当社は、本サービスが全ての情報端末に対応していることを保証するものではなく、本サービスの利用に供する情報端末のOSのバージョンアップ等に伴い、本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき会員メディアはあらかじめ了承するものとします。当社は、かかる不具合が生じた場合に当社が行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません。

4. 当社は、会員メディアが本サービスの提供を受ける過程における、コンピューター・ウィルス、ワーム、ソフトウェア・ボム、バグ、若しくは会員メディアのコンピューター、コンピューターシステム、ソフトウェア、インフラ、又はデータに影響を及ぼす類似の要素につき、一切責任を負わないものとします。

5. 会員メディアは、自己の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。

6. 本サービスに関連し、会員メディアと他のユーザーを含む第三者との間でコンテンツまたはその他本サービスの利用に関連するクレーム、交渉、協議、紛争等が生じた場合、会員メディアは、直ちに当社へ通知し、その経過および結果を当社に報告するとともに、自己の責任と費用において解決するものとし、当社はこれに一切関与せず、何ら責任を負わないものとします。

7. 会員メディアは、自らによる本サービスの利用に関連して、他のユーザーその他の第三者から当社に対して訴訟提起その他のクレームがなされた場合、かかる訴訟その他のクレームについて、当社が一切責任を負わず、当社が被った損害等の一切を補償することに同意し、また、当社の要請があった場合は、自らの責任及び費用負担によりこれを解決するものとします。

 

第13条 本サービスの変更・中断・終了等

1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、本サービスの全部又は一部の提供を一時停止又は中断することができるものとします。この場合、当社は、事前の通知が可能である場合には事前に、不可能である場合には本サービスの全部又は一部の提供を一時停止又は中断した後合理的期間内に、その旨を公表し、又は、会員メディアに通知するものとします。 (1) 本サービスに使用しているサーバー、ネットワークその他のコンピューターシステム又は通信回線、設備等の点検、保守、修理又は変更作業を行う場合
(2) 本サービスに使用しているサーバー、ネットワークその他のコンピューターシステム又は通信回線、設備等の使用が火災、天災地変、戦争、暴動、内乱、感染症、ストライキ、争議行為、法令の制定・改廃等の不可抗力により停止又は中断した場合
(3) 行政当局又は裁判所等から本サービスの全部又は一部の提供を一時停止又は中断するよう指導、勧告、命令等を受けた場合
(4) 火災、天災地変、戦争、暴動、内乱、感染症、ストライキ、争議行為、法令の制定・改廃、その他の不可抗力または当社の責に帰さない事由により本サービスの全部または一部の提供が困難となる場合。
(5) 上記のほか、当社が合理的理由により本サービスの全部又は一部の一時停止又は中断が必要であると判断した場合

2. 前項の場合に加えて、当社は、当社の合理的判断により、いつでも本サービスの内容を変更し又は提供を終了することができるものとします。当社は、本サービスの提供を終了する場合には、事前にその旨を公表し、かつ、会員メディアに通知するものとします。当社が本サービスの提供を終了する場合には、当該終了の時点において当社及び会員メディアの本規約に基づく契約関係は終了するものとします。

3. 会員メディアは、前二項に基づく措置がなされた場合でも、本サービスに関して当社、他のユーザーその他の第三者に負う債務及び義務を一切免れることはできないものとします。

4. 当社は、本条に基づき当社が行った措置により会員メディアに損害等が生じた場合でも、当該損害等について一切責任を負わないものとします。

 

第14条 秘密保持義務

1. 会員メディアは、本サービスの利用に関連して取得した当社、会員メディアその他の第三者の機密情報について、当該機密情報の帰属主体の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとし、第三者に開示又は漏えいしないものとします。また、会員メディアは、本サービスの利用に関連して取得した当社の機密情報(本サービスに関する情報・仕組み・ノウハウ・プログラムソース等を含みますがこれらに限られません。)について、自ら又は第三者のために利用してはならないものとします。

2. 当社は、会員メディアが登録した会員情報その他本サービスの管理運営及び提供等に関連して取得した会員メディアの機密情報について、秘密に取り扱うものとし、当社が、情報の開示について別途会員メディアに承諾を得た場合を除き、会員メディア及び本サービスの管理運営に必要な範囲でかつ本規約において当社が負っている秘密保持義務と同程度の義務を負わせている第三者を除く第三者に開示又は漏えいしないものとします。

 

第15条 確認事項

1. 会員メディアは、当社に対し、以下の要件について充足し、遵守することを表明し、確約するものとします。
(1) 会員メディアは、自らに適用のある一切の法令等(贈収賄に関する法令等を含むが、これらに限られない)に違反していないこと。
(2) 会員メディアは、自らの事業を 行うにあたり必要となる行政機関等の許認可、登録、承諾、同意、届出等の手続きをすべて適法に履践済みであること。
(3) 会員メディアは、自らが、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下、これらを「暴力団員等」という。)に該当せず、および次の各号のいずれにも該当しないこと、また将来にわたっても該当しないことを確約すること。
(ア)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(イ)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(ウ)自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
(エ)暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(オ)役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
(カ)会員メディア自らまたは第三者を利用して、次の事項に該当する行為を行わないこと。
① 暴力的な要求行為
② 法的な責任を超えた不当な要求行為
③ 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
④ 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて第三者の信用を毀損し、または第三者の業務を妨害する行為
⑤ その他前各号に準ずる行為

2. 当社は、会員メディアが、前項の表明および確約に違反した場合には、直ちに利用登録を抹消することができるものとします。この場合において、当社は、会員メディアに対して損害の賠償はいたしません。また、当該抹消され会員メディアは、本条の違反により、当社に損害を生じさせた場合、当社が被った全ての損害を賠償するものとします。なお、会員メディアは、当社の名誉の維持および回復のために必要な事項の実施につき、自らの費用負担により当社に協力するものとする。

3. 会員メディアが、前項の事項について充足できない、または遵守できないことを認識した場合は、可能な限り速やかに当社へ通知するものとします。

 

第16条 連絡・通知方法

1. 本サービスに関して、当社が会員メディアへ連絡および通知を行う必要がある時は、本サービス上若しくは当社が別途指定するウェブサイト内の適宜の場所への掲示、電子メールの送信、その他当社が適当と判断する方法により行うものとします。

2. 当社が電子メールの送信による通知を行った場合、当社からの通知は、会員メディアが登録したメールアドレスにメールを送信することをもって、当該メールが通常到達すべきときに到達したものとみなします。

3. 本サービスに関する問い合わせその他会員メディアから当社に対する連絡又は通知は、当社ウェブサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームへの送信その他当社が指定する方法により行うものとします。

 

第17条 権利義務の譲渡禁止

1. 会員メディアは、当社の書面(電子メールその他の電磁的方法による場合を含みます。)による事前の承諾がある場合を除き、本規約に基づく会員メディアの権利若しくは義務、又は本規約上の地位について、第三者への譲渡、承継、担保設定、その他一切の処分をすることはできません。

2. 当社が、本サービスにかかる事業を第三者に譲渡し、又は当社が消滅会社若しくは分割会社となる合併若しくは会社分割等により本サービスに係る事業を包括承継させたときは、当社は、当該事業譲渡等に伴い、本規約上の地位、権利及び義務並びに会員メディア情報その他の会員メディアに関する情報を当該事業譲渡等の譲受人又は承継人に譲渡することができるものとし、会員メディアは、あらかじめこれに同意するものとします。

 

第18条 分離可能性

1. 本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、当該無効又は執行不能と判断された条項又は部分(以下「無効等部分」といいます。)以外の部分は、継続して完全に効力を有するものとします。当社及び会員メディアは、無効等部分を、適法とし、執行力をもたせるために必要な範囲で修正し、無効等部分の趣旨及び法律的・経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

2. 本規約のいずれかの条項又はその一部が、ある会員メディアとの関係で無効又は執行不能と判断された場合であっても、他の会員メディアとの関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

 

第19条 完全合意

本規約は、本サービスの提供条件その他本サービスの提供及び利用に関する当社及び登録会員間の権利義務関係のすべてを示すものであり、本規約において特に明示されていない提案、取り決め、および合意については両者を法的に拘束しません。

 

第20条 準拠法及び合意管轄

本規約は日本法に準拠するものとし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第21条(本規約の変更)

当社は、いつでも本規約を変更することができるものとします。当社は、本規約を変更した場合には、直ちに会員メディアにその旨を通知します。会員メディアが本規約の変更後も本サービスの利用を継続するためには、会員メディアが当該変更内容に同意する必要があります。

 

第22条 (協議解決)

当社及び会員メディアは、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上、速やかに解決を図るものとします。

 

第23条(存続条項)

第1条、第3条第3項および4項、第4条第2項および第4項、第5条第2項、第6条、第7条第1項、第8条第6項乃至第8項、第10条、第12条、第13条第3項および第4項、第14条、第15条第2項、第16条乃至本条の規程は当社および会員メディア間の本規約に基づく契約関係が終了した後も引き続き有効にその効力を有するものとします。但し、第14条2項については、当社および会員メディア間の本規約に基づく契約関係が終了した後3年間に限り、引き続き有効にその効力を有するものとします。

 

2022年4月1日 制定

 

ベンチャー企業の情報を
求めるメディア
に向けて
効率的なPRが可能!
自社のPR
こんなお悩みはありませんか?
HPやSNSなどは活用しているが、
メディアに取り上げてもらえない
メディアや記者とのリレーションがない
どのような切り口で
リリースを出すべきか
わからない
個別にPR活動をするリソースがない
日本最大級!ベンチャー企業と
大企業のマッチングプラットフォーム
Morning Pitchのプラットフォームを活用し
ベンチャー企業への関心が高いメディアに
プレスリリースの配信ができます!
Venture Press Roomの
利用イメージ
*直接メディアにプレスリリースを送れるわけではありません。
*事務局が内容を確認し、変更の依頼をさせていただくことがあります。
*プレスリリースの内容によっては、メディアへの配信をお断りすることがあります。
*メディアへのプレスリリース配信は、週2回程度を予定しておりますので、希望日に添えない場合もあります。 予めご了承ください。
ベンチャー企業側の
サービス内容
01
ベンチャー企業に
関心が高い
メディア関係者だけに
非公開で
情報配信が可能!
02
メディアの特集や
取材テーマに
合致する場合
取材のオファー
受け取ることが可能
よくある質問

Morning Pitch に登壇したことのないベンチャー企業はサービスを利用できないのですか?

現在、サービスの利用は過去登壇いただいた企業に限らせていただいています。

登録しているメディアに直接連絡できますか?

リリース配信後、興味を持ったメディアから連絡がある場合があります。

ベンチャー会員登録は
こちら
Morning Pitch Venture Press Roomは
会員制サービスとなっております。
Morning Pitch Venture Press Roomは
無料でご利用いただけます!
ご利用のフロー
01
企業情報登録
本ページ申し込みフォームから申し込みください。
※ご登録後、提出フォームをお知らせします
02
プレスリリース提出
プレスリリース作成後、提出フォームにて、該当する分野、カテゴリーを設定し提出。
03
事務局による確認
この時点でリライトなどをお願いすることがあります。
04
プレスリリース配信
プレスリリースを会員メディアに配信
申し込みフォーム
※申し込みには、下記利用規約への同意が必要です。

Morning Pitch Venture Press Room 利用規約

 

前文

本Morning Pitch Venture Press Room 利用規約(以下「本規約」といいます。)は、デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社、(以下「当社」とします)が提供するMorning Pitch Venture Press Room(第2条に本サービスとして定義し、以下「本サービス」といいます。)の内容、本サービスの提供条件その他本サービスの提供および利用に関する当社およびベンチャーユーザー(第2条第2号にて定義いたします。)間の権利義務関係を定めるものです。本サービスをご利用いただく場合には、事前に本規約の全文をお読みいただいた上で、本規約に同意していただく必要があります。

 

第1条(本規約の目的および適用範囲)

1. 本規約は、本サービスの内容、本サービスの提供条件その他本サービスの提供および利用に関する当社およびベンチャーユーザー間の権利義務関係を定めることを目的とするものです。本サービスの提供および利用に関する当社とベンチャーユーザーの間のいかなる関係についても本規約が適用されるものとします。

2. 本規約の内容と、その他の本サービスに関する説明資料等における記載の間に齟齬がある場合には、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

3. 本規約のいずれかの規定またはその一部が、無効または執行不能と判断された場合であっても、他の規定または当該規定の他の部分は、引き続き完全にその効力を有するものとします。

 

第2条(定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。

(1) 本規約における「Morning Pitch」とは、事務局が幹事となり開催しているプレゼンテーションイベントをいう。
(2) 「ベンチャーユーザー」とは、次条の規定に従い事業者であることその他の事項を要件としてユーザー登録申請を行い、当社が当該申請を承認した法人または個人をいいます。
(3) 「本サービス」とは、当社が、ベンチャーユーザーによる会員メディアへの情報発信と会員メディアによるベンチャーユーザーへの取材活動に資するために当社が別途提供しているMorning Pitch内に構築された相互のコミュニケーションプラットフォームサービスをいいます。
(4) 「会員メディア」とは、Morning Pitchの会員のうち、当社の別途の定める手続きに従い、メディア関係者であることその他の事項を要件として登録申請を行い、当社が当該申請を承認した個人(法人を除く。)をいいます。
(5) 「ユーザー」とは、ベンチャーユーザーおよび会員メディアの総称をいいます。
(6) 「コンテンツ」とは、ユーザーが本サービスを通じてアクセスすることができる情報(文章、画像、動画、音声、音楽その他のサウンド、イメージ、ソフトウェア、プログラム、コードその他のデータを含みますが、これらに限られません。)をいいます。
(7) 「知的財産権」とは、特許権、実用新案権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)をいいます。

 

第3条(本サービスの利用登録)

1. ベンチャーユーザーとして本サービスを利用するためには、当社が定める方法による本規約への同意手続を行ったうえで、本サービスの利用登録(以下「利用登録」といいます。)が必要となります。また、利用登録には、以下の全てを満たすことが必要となります。
① 本サービスの主旨を尊重してくださる方
② 当該各規約に同意の上、継続して遵守できる方
③ 当該ベンチャーユーザーとして、本規約の適用を受ける個人または法人として契約を締結することにつき法的に要求される権限および能力を有している方
④ 第18条に定める確認事項に反しているとの疑いのない方
⑤ 過去にベンチャーユーザーとしての資格(以下「本登録者資格」といいます。)を抹消された経験がない方
⑥ その他、当社が不適切と判断する事由に該当しない方

 

第4条 (登録審査)

1. 当社は、ベンチャーユーザーとしての利用登録の申請があった場合(申請した者を以下、「申請者」という。)、当社所定の基準に従って、登録審査を行います。当社は、当社所定の基準によるほか、以下のいずれかに該当すると判断した場合、利用登録を承認せず、ベンチャーユーザーとしての資格を付与しないことがあります。
(1)申請者であるとされる法人または個人が実在しないおそれがある場合(第2項の必要書類の提示に応じない場合を含みます)
(2)申請者が連絡先を有していない場合
(3)当社へ申告した情報に虚偽、誤りまたは不足等があった場合
(4)申請者が法令等に違反するおそれがある場合
(5)申請者の申告情報と申請者に関するウェブサイトにおける情報その他の情報から、以下のいずれかに該当するコンテンツを投稿するおそれがある場合
① 第11条(禁止事項)に違反する内容
② アダルト、性的、わいせつ的、暴力的な表現行為、その他過度の不快感を及ぼす内容
③ 民族、宗教、人種、性別、年齢等に関する差別につながる内容
④ 自殺、自傷、売春、買春、違法薬物やその他依存性薬物の使用等を助長する内容
⑤ 無限連鎖講(ねずみ講)、詐欺商法、悪質商法等とみなされる内容
⑥ 射幸心や投機心を著しくあおる表現
⑦ 法令等に基づき、必要な届出、免許、許可、登録がされていない事業に関する内容
⑧ 風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する営業またはこれに類する営業に関する内容
⑨ 公職選挙法(昭和25年法律第100号)に規定する政党要件を満たさない政党に関する内容
⑩ 不当景品類および不当表示防止法(昭和37年法律第134号)に違反する内容
⑪ 医薬品、医療機器等の品質、有効性および安全性の確保等に関する法律(昭和35年法律第145号)、医療法(昭和23年法律205号)、医業もしくは歯科医業または病院もしくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に違反する内容
⑫ 内容未成年者に飲酒、喫煙、ギャンブル等を勧誘や奨励する内容
⑬ 当社が別途定めるコンテンツ基準(以下「コンテンツ基準」という。)に違反するまたは当社が不適切と判断する内容
⑭ 第18条に定める暴力団等に関与している、または関与が疑われる内容
⑮ その他、当社が不適切と判断する内容

2. 当社は、申請者のウェブサイトが存在しない、ウェブサイトから得られる情報が十分でない場合またはその他当社が登録審査に必要と判断した場合、申請者の商業登記簿、開業届、資格証明書、身分証明証の写し等の必要書類の提示を求めます。

3. 当社によって、申請者の利用登録を承認された申請者は、当該利用登録を承認した通知の時点より、ベンチャーユーザーと当社との間で、本規約の諸規定に従った利用契約(以下「本利用契約」といいます。)が成立し、ベンチャーユーザーは、本サービスを利用することができるようになります。

4. 当社が登録審査した結果、申請者の利用登録を承認しなかった場合、当社は、当該申請者に対して審査内容(利用登録を承認しなかった理由を含みます。)の開示を行いません。また、当該申請者は、開示の有無を含め、当社の判断に対して、一切異議を申し立てることはできません。

5. 当社は、利用登録を承認しなかった申請者に対し、原則として再審査は行わないものとします。ただし、当社において再審査を行う合理的な理由があると判断した場合には、この限りではありません。

 

第5条(本サービスの利用)

1. ベンチャーユーザーは、本規約に定める目的の範囲内で、本規約および別途当社の定める利用方法に従い、本サービスを利用し、当社が提供する本サービスの環境下において、自らのコンテンツを公開することができます。

2. ベンチャーユーザーは、本サービスを、当社が提供する状態および指定する方法でのみ利用するものとし、本サービスの複製、修正、変更、改変または翻案を行ってはなりません。

3. 本サービスの提供を受けるために必要な情報端末、ソフトウェア、通信回線その他の通信環境等の準備および維持は、ベンチャーユーザーの費用と責任において行うものとします。

4. ベンチャーユーザーは、本サービスの利用に関し、一切の責任を負い、当社および他のユーザーを含む第三者に何等の迷惑または損害を与えないものとし、本サービスの利用に関連して、他のユーザーを含む第三者とトラブル、紛争等が生じた場合、自己責任と費用負担で解決するものとします。

 

第6条(当社が取得した情報等の取扱い)

当社は、本サービスを提供するにあたり収集・取得する情報(ベンチャーユーザーが登録した情報を含みますが、これに限られません。)について、当社がイベント活動の目的およびそれに準じる情報提供の目的で利用することを了承するものとします。また、当社がこの目的で、デロイト トーマツ グループ各社と共同利用することを了承するものとします。当社は、正当な理由なく、この目的以外にベンチャーユーザーの氏名など個人情報を使用したり公開したりしないものとします。なお、当社は、ベンチャーユーザーその他の関係者に関する個人情報を、当社のプライバシーポリシー( https://www2.deloitte.com/jp/ja/legal/privacy.html)に従って取り扱うものとします。

 

第7条(ベンチャーユーザーによるコンテンツの投稿方法等)

1. ベンチャーユーザーは、自身のプレスリリースを、当社が別途定める方法により、コンテンツとして当社が別途指定する専用フォームに投稿することができます。

2. ベンチャーユーザーは、前項のコンテンツの投稿にあたって、自らがコンテンツを送信することについて、適法な権利を有していること、および当該コンテンツが第三者の知的財産権その他の権利を侵害していないことについて、当社に対し表明し、保証するものとします。

3. 本サービスにおいてベンチャーユーザーによって投稿された一切のコンテンツに関する著作権は、当該投稿を行ったベンチャーユーザー自身または当該コンテンツの権利者に留保されるものとします。ただし、当社は、本サービスの提供・維持・改善または本サービスのプロモーションに必要な範囲において、投稿されたコンテンツを本サービスの管理運営および提供等のために修正、翻案、削除、自動公衆送信およびそのために必要な処理を、無償、無期限かつ地域非限定で行うことができるものとします。

4. ベンチャーユーザーは、当社および当社から権利を承継しまたは許諾された者に対し、投稿したコンテンツに関する自身の著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。

5. ベンチャーユーザーはコンテンツの投稿にあたり、以下の行為を行ってはならないものとします。
(1) コンテンツ基準に違反するコンテンツを投稿する行為
(2) コンテンツ基準への違反を当社が判断した場合、判断や結果(当該判断に基づく当社のあらゆる措置を含みますが、これに限られません。)に対して異議を述べる行為
(3) 本サービスにおいて会員メディアがコンテンツにアクセスするサイトとして当社が指定したサイトからコンテンツを取り下げることを予定して、コンテンツを投稿する行為
(4) コンテンツを訂正することを予定して、訂正前の内容で当該コンテンツを投稿する行為
(5) コンテンツの訂正に際し、事実を誤認させるような大幅な変更を行う行為
(6) 誤りや記載漏れなどを含むコンテンツの投稿を繰り返す行為
(7) 当社からのコンテンツに関連した事実や実態その他一切の事項に関する照会要請に応じない行為
(8) 当社からのコンテンツの訂正要請に応じない行為
(9) 前各号のほか本規約の条項に違反する行為
(10) その他、当社が不適切と判断する行為

 

第8条(コンテンツの審査)

1. 当社は、ベンチャーユーザーより本サービスへ投稿を予定するコンテンツの内容を事前に受領し、コンテンツ基準への適合性について審査を行うものとします。

2. 当社は、前項の審査を行った後、審査結果を当該ベンチャーユーザーに通知するものとします。

3. 本条による審査は、当社としてコンテンツ基準への適合性について事実上暫定的な見解を示すものにとどまり、その適合性について当社として完全な保証を行うものではありません。また、ベンチャーユーザーの責任を何ら軽減または免責するものではありません。そのため、本条の審査を経たコンテンツであっても、掲載後、次条第3項に基づく当社による取り下げ等の対象となることがあり、その他、ベンチャーユーザーの責任を定める規定を含め当該コンテンツに対して別途ベンチャーユーザーに適用される各規約の適用があることに何ら変わりはありません。

 

第9条(コンテンツの訂正、取り下げ)

1. ベンチャーユーザーは、一度投稿したコンテンツを訂正、取り下げることはできません。一度投稿したコンテンツを取り下げるには、ベンチャーユーザーにおいて、当社が指定する方法に従って当社に依頼し、当社の操作により取り下げを行う必要があります。

2. 当社は、本規約、コンテンツ基準に違反するコンテンツを発見した場合、予告なく、当該コンテンツを取り下げることができます。かかる当社の対応についてベンチャーユーザーは予め承諾するものとします。なお、取り下げや訂正対象に該当するか否かの判断は、全て当社が行いますが、当社は当該判断を行う義務を負担するものではありません。また、取り下げや訂正に起因してベンチャーユーザーおよびその他第三者に損害が生じたとしても、当社は一切の責任を負いません。

3. 当社は、誤字脱字などベンチャーユーザーにとって不利益であると当社が判断した内容をコンテンツ内で発見した場合、予告なく、当該コンテンツの該当箇所を訂正する場合があり、かかる当社の対応についてベンチャーユーザーは予め承諾するものとします。ただし、当社は当該訂正を行う義務を負担するものではありません。

4. ベンチャーユーザーは、コンテンツの取り下げ、または内容の訂正にあたり、当社の求めに応じ、当社に対して対応理由など必要情報の開示を行うものとします。

 

第10条(知的財産権および情報の帰属)

第7条に従い、ベンチャーユーザーが掲載したプレスリリース等のコンテンツを除き、本サービスに関する知的財産権は全て当社または当社にライセンスを許諾しているライセンサーに帰属するものとし、本サービスに対する利用登録ならびに本サービスの提供は、何ら当該知的財産権のベンチャーユーザーに対するライセンスを意味するものではないものとします。

 

第11条(禁止行為)

1. ベンチャーユーザーは、本サービスの利用にあたり、自らまたは第三者をして、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはならず、また、以下の各号の行為を直接または間接に惹起し、または容易にしてはなりません。

2. 虚偽の内容に基づいて利用登録する行為

3. 当社、他のユーザーその他の第三者に対する詐欺または脅迫行為

4. 当社、他のユーザーその他の第三者の業務、営業を妨害しまたは信用を毀損もしくは不利益を与える行為

5. 当社、他のユーザーその他の第三者を差別、批判、攻撃、誹謗中傷する行為

6. 本サービスの運営を妨げる行為、またはそのおそれのある行為

7. 本サービスを、自身以外の第三者(子会社および関連会社も含むがこれらに限られません。)に利用させる行為

8. 本サービスの誤作動を誘引する行為

9. 本サービスにより提供する情報を書き換える行為、その他本サービスが通常意図しないバグを利用する動作または通常意図しない効果を及ぼす外部ツールの利用、作成または頒布を行う行為

10. 本サービスまたは当社サーバー等に過度の負担をかける行為

11. 前号に定める行為の申込みの誘引、申込み、承諾を含む一切の準備行為

12. 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為およびこれらを助長する行為またはそのおそれのある行為

13. 公序良俗に反しまたは善良な風俗を害するおそれのある行為

14. 当社または他のユーザーその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、信、財産、名誉、その他の権利もしくは利益を侵害する行為またはそのおそれのある行為

15. 本サービスが通常意図しない何らかの利益を得ることを目的とする行為

16. 本サービスを通じて入手した情報を複製、販売、出版その他の方法により私的利用の範囲を超えて使用すること

17. チェーンメール、スパムメールその他の迷惑メールを当社、他のユーザーその他の第三者に送信等する行為

18. コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを拡散する行為

19. 本サービスを逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、その他本サービスのソースコードを解析する行為

20. 本サービスに接続されたシステムに権限なく不正にアクセスしまたは当社設備に蓄積された情報を不正に書き換えもしくは消去する行為

21. 故意に虚偽のコンテンツその他の情報を公開しまたは入力する行為

22. 当社または他のユーザーその他の第三者に成りすます行為

23. 当社、他のユーザーその他の第三者の商号、ロゴその他の表示を用いて、これらの者との関係を不当に誤認させる可能性がある情報を登録する行為

24. 第18条に定める暴力団等への利益供与行為およびこれにつながる可能性のある行為

25. 個人的な勧誘行為、個人的な物品の売買行為、その他本サービスを利用して、営業活動、営利を目的とした情報提供活動

26. 本規約に反する行為および広告、宣伝、勧誘、営業行為その他本サービスの趣旨・目的に反する行為

27. 本サービスを利用して、本サービスと競合する可能性のあるサービスを構築し、または競合する可能性のあるサービスを改良もしくは修正する行為

28. 当社が定める方法以外の方法により、本サービスを利用する行為

29. 本サービスにおける政治活動、選挙活動、宗教活動

30. 法令、政令、省令、規則、行政指導またはガイドライン・業界自主基準等(ベンチャーユーザーが所在する国・地域のものを含み、以下「法令等」と総称します。)に違反する行為

31. その他、当社が不適切と判断する行為

 

第12条(規約違反の場合の措置等)

1. 当社は、本サービスの適正な運用のため、当社の裁量により、ベンチャーユーザーによる本サービスの利用状況を適宜確認することができるものとし、ベンチャーユーザーはそれに同意するものとします。ただし、当社は当該確認を行う義務を負うものではありません。

2. 当社は、前項に定める確認の結果ベンチャーユーザーが次の各号の一に該当しまたは該当するおそれがあると当社が判断した場合には、当社の裁量により、何らの通知も行うことなく、当該ベンチャーユーザーに対し、ベンチャーユーザーに提供し、または提供されたコンテンツその他の情報の全部もしくは一部の削除、本サービスの利用の制限、本サービスの利用の停止、利用登録の抹消または本利用契約の解除等の措置(以下「本件措置」といいます。)を講じることができるものとします。
本規約のいずれかの条項に違反した場合
(1) 当社に提供されたコンテンツその他の情報の全部または一部につき虚偽の事実があることが判明した場合
(2) 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
(3) 個人であるベンチャーユーザーが死亡しまたは後見開始、保佐開始もしくは補助開始の審判を受けた場合
(4) 個人であるベンチャーユーザーが未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであって、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
(5) 当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日または別途当社が指定した期間を超えて応答がない場合
(6) 本サービスの利用に際して、過去に本件措置を受けたことがありまたは現在受けている場合
(7) 第18条に定める暴力団等であるかまたは資金提供その他を通じて当該暴力団等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等、当該暴力団等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
(8) 本サービスの運営、保守管理上必要であると当社が判断した場合
(9) 当社がベンチャーユーザーに対し、「独立性の方針」への違反によって、有限責任監査法人トーマツの所属するネットワーク(日本 公認会計士協会倫理規則の定義による。)内のネットワーク・ファーム(日本公認会計士協会倫理規則の定義による。)の独立性を毀損する結果をもたらす状況を認識した旨通知した場合。なお、「独立性の方針」とは、有限責任監査法人トーマツの所属するネットワーク内のネットワーク・ファームが監査または保証業務を実施するにあたり求められる、独立性に関わる公認会計士法等の法令および日本公認会計士協会倫理規則等ならびに各国の相当する法令、規則等をいう。
(10) その他前各号に類する事由があると当社が判断した場合

3. 前二項の規定にかかわらず、ベンチャーユーザーは、当社に対し、90日の予告期間を設けて事前に書面で通知することで利用登録を抹消することができるものとします

4. ベンチャーユーザーは、本件措置の後も、当社および第三者に対する本規約上の一切の義務および債務(損害賠償に関する金銭債務を含みますが、これに限りません。)を免れるものではありません。

5. 当社は、本件措置の後も、当該ベンチャーユーザーに関し当社が取得した情報を保有・利用することができるものとし、ベンチャーユーザーはこれを承諾するものとします。

6. 当社は、ベンチャーユーザーが第2項各号に該当しまたは該当するおそれがあると当社が判断した場合その他当社が必要と認める場合には、ベンチャーユーザーに対し、違反行為の中止等の必要な対応を求めることがあり、ベンチャーユーザーは、当社が定める期間内に当該求めに応じるものとします。

7. 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりベンチャーユーザーに生じた不利益や損害について一切の責任を負いません。

 

第13条(損害賠償)

1. ベンチャーユーザーによる本サービスの利用に起因して、当社に直接または間接の損害が生じた場合、ベンチャーユーザーは、当社に対し、その全ての損害を賠償しなければなりません。

2. 当社は、ベンチャーユーザーの本サービスの利用に関連してベンチャーユーザーが被った損害につき、当該損害の発生が当社の故意による場合を除き一切の責任を負いません。

3. 当社は、本サービスの変更、中断、不具合、故障等により、ベンチャーユーザーに損害(逸失利益、偶発損失等、および間接損害ならびに特別損害(予見可能性は問わない。)を含みますがこれらに限られません。以下、本条第4項までにおいて同じ。)が生じたとしても、これについて一切の責任を負いません。

4. コンテンツはベンチャーユーザーの責任により掲載されるものであるため、当社は、コンテンツの正確性、確実性、有効性、安全性、適法性等その他あらゆる事項について一切保証しません。また、当該コンテンツ等に基づいて被ったとされるいかなる損害についても当社は一切の責任を負いません。

5. 本サービスに関連し、ベンチャーユーザーとその他の第三者(他のベンチャーユーザー、会員メディアを含みますが、これに限られません。)との間で、コンテンツまたはその他本サービスの利用に関連するクレーム、交渉、協議、紛争等が生じた場合、自己の責任と費用において解決するものとし、当社はこれに一切関与せず、何ら責任を負わないものとします。

6. ベンチャーユーザーは、自らによる本サービスの利用に関連して、他のユーザーその他の第三者から当社に対して訴訟提起その他のクレームがなされた場合、かかる訴訟その他のクレームについて、当社は一切責任を負わず、当社が被った損害等の一切を補償することに同意し、また、当社の要請があった場合は、自らの責任および費用負担によりこれを解決するものとします。

 

第14条(秘密保持)

1. ベンチャーユーザーは、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、本サービスに関連する一切の非公知の情報(本サービスに関する情報・仕組み・ノウハウ・プログラムソース等を含みますがこれらに限られません。以下「秘密情報」といいます。)を秘密に取り扱うものとし、第三者に漏洩し、または開示しないものとします。また、本サービスの利用に関連して取得した当社の機密情報(本サービスに関する情報・仕組み・ノウハウ・プログラムソース等を含みますが、これらに限られません。)について、自らまたは第三者のために利用してはならないものとします。

2. ベンチャーユーザーは、当社から求められた場合はいつでも、当社の指示に従い、遅滞なく、秘密情報および秘密情報を記載または記録した書面その他の記録媒体物ならびにその全ての複製物等を返却または廃棄しなければなりません。

3. 前2項に定めるほか、ベンチャーユーザーは、本サービスを通じて直接または間接的に取得する会員メディアに関する情報、その他の情報(各種媒体への掲載時期および掲載内容を含みます。)につき、当該情報の性質に鑑み、その取扱いについては最大限の注意を払うものとする。

4. 当社は、会員メディアが登録した会員情報その他本サービスの管理運営および提供等に関連して取得した会員メディアの秘密情報について、秘密に取り扱うものとし、当社が、情報の開示について別途会員メディアに承諾を得た場合を除き、会員メディアおよび本サービスの管理運営に必要な範囲でかつ本規約において当社が負っている秘密保持義務と同程度の義務を負わせている第三者を除く第三者に開示または漏えいしないものとします。

 

第15条(本サービスの利用終了)

1. ベンチャーユーザーは、当社が別途定める方法により、いつでも本サービスの利用登録を抹消することができ、当該抹消の時点において当社および会員メディア間の本規約に基づく契約関係は終了し、当該抹消時点から本サービスを利用することができなくなります。この場合、ベンチャーユーザーは、本サービスの利用に関して当社に負う債務および義務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当該債務および義務を履行しなければならないものとします。

2. 誤って利用登録を抹消した場合その他理由の如何を問わず、ベンチャーユーザーが本サービスを利用する権利を失った場合、ベンチャーユーザーは、本サービスを利用することによって取得したコンテンツ等、その他本サービスに蓄積した情報を利用することができなくなることをあらかじめ承諾するものとします。

3. ベンチャーユーザーは、利用登録を抹消がなされた場合でも、本サービスに関して当社および他のユーザーその他第三者に対する債務および義務一切を免れることはできないものとします。

4. 当社は、ベンチャーユーザーが利用登録を抹消した後も、当該ベンチャーユーザーが本サービスを利用する過程で当社が取得した情報を保有・利用することができるものとします。

5. ベンチャーユーザーが利用登録を抹消した場合、当社は、当社の裁量により、事前に通知することなく当該ベンチャーユーザーの情報等を削除することができるものとし、ベンチャーユーザーは、終了時に残存している本サービス内の一切の情報等が消滅することに同意するものとします。

 

第16条(本サービスの変更・中断・終了等)

1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、本サービスの全部または一部の提供を一時停止または中断することができるものとします。この場合、当社は、事前の通知が可能である場合には事前に、不可能である場合には本サービスの全部または一部の提供を一時停止または中断した後合理的期間内に、その旨を公表し、または、ベンチャーユーザーに通知するものとします。
(1) 本サービスに使用しているサーバー、ネットワークその他のコンピューター・システムまたは通信回線、設備等の点検、保守、修理または変更作業を行う場合
(2) 本サービスに使用しているサーバー、ネットワークその他のコンピューター・システムまたは通信回線、設備等の使用が火災、天災地変、戦争、暴動、内乱、感染症、ストライキ、争議行為、法令の制定・改廃等の不可抗力により停止または中断した場合
(3) 行政当局または裁判所等から本サービスの全部または一部の提供を一時停止または中断するよう指導、勧告、命令等を受けた場合
(4) 火災、天災地変、戦争、暴動、内乱、感染症、ストライキ、争議行為、法令の制定・改廃、その他の不可抗力または当社の責に帰さない事由により本サービスの全部または一部の提供が困難となる場合。
(5) 上記のほか、当社が合理的理由により本サービスの全部または一部の一時停止または中断が必要であると判断した場合

2. 前項の場合に加えて、当社は、当社の合理的判断により、いつでも本サービスの内容を変更しまたは提供を終了することができるものとします。当社は、本サービスの提供を終了する場合には、事前にその旨を公表し、かつ、ベンチャーユーザーに通知するものとします。当社が本サービスの提供を終了する場合には、当該終了の時点において当社およびベンチャーユーザーの本規約に基づく契約関係は終了するものとします。

3. ベンチャーユーザーは、前二項に基づく措置がなされた場合でも、本サービスに関して当社、他のユーザーその他の第三者に負う債務および義務を一切免れることはできないものとします。

4. 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりベンチャーユーザーに損害等が生じた場合でも、当該損害等について一切責任を負わないものとします。

 

第17条(保証の否認および免責)

1. 本サービスおよび本サービスを通じて当社が直接または間接的に提供する一切の情報はいずれも、現状有姿で提供され、当社は、かかる情報につき、ベンチャーユーザーの特定の目的への適合性、商品的価値、正確性、有用性、完全性、適法性について、如何なる保証も行うものではありません。また、ベンチャーユーザーが本サービスおよび本サービスを通じて当社が直接または間接的に提供する一切の情報を利用したことに起因する直接的または間接的な損害について、当社は何ら責任を負わないものとします。

3. 当社は、本サービスが全ての情報端末に対応していることを保証するものではなく、本サービスの利用に供する情報端末のOSのバージョンアップ等に伴い、本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、ベンチャーユーザーはあらかじめ了承するものとします。当社は、かかる不具合が生じた場合に当社が行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません。

4. 当社は、ベンチャーユーザーが本サービスの提供を受ける過程における、コンピューター・ウィルス、ワーム、ソフトウェア・ボム、バグ、もしくはベンチャーユーザーのコンピューター、コンピューター・システム、ソフトウェア、インフラ、またはデータに影響を及ぼす類似の要素につき、一切責任を負わないものとします。

5. ベンチャーユーザーは、自己の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。

6. 本サービスに関し、ベンチャーユーザーと他のユーザーを含む第三者との間で紛争が生じた場合、ベンチャーユーザーは、直ちにその旨を当社に通知するとともに、自己の責任と費用においてこれを解決するものとし、当社はこれに一切関与せず、何ら責任を負わないものとします。

 

第18条(確認事項)

1. ベンチャーユーザーは、当社に対し、以下の要件について充足し、遵守することを表明し、確約するものとします。
(1) ベンチャーユーザーは、自らに適用のある一切の法令等(贈収賄に関する法令等を含むが、これらに限られない)に違反していないこと。
(2) ベンチャーユーザーは、自らの事業を行うにあたり必要となる行政機関等の許認可、登録、承諾、同意、届出等の手続きをすべて適法に履践済みであること。
(3) ベンチャーユーザーは、自らが、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下、これらを「暴力団員等」という。)に該当せず、および次の各号のいずれにも該当しないこと、また将来にわたっても該当しないことを確約すること。
① 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
② 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
③ 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
④ 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
⑤ 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
⑥ ベンチャーユーザー自らまたは第三者を利用して、次の事項に該当する行為を行わないこと。
 (ア)暴力的な要求行為
 (イ)法的な責任を超えた不当な要求行為
 (ウ)取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
 (エ)風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて第三者の信用を毀損し、または第三者の業務を妨害する行為
 (オ)その他前各号に準ずる行為

2. 当社は、ベンチャーユーザーが、前項の表明および確約に違反した場合には、直ちに利用登録を抹消することができるものとします。この場合において、当社は、ベンチャーユーザーに対して損害の賠償はいたしません。また、当該抹消されベンチャーユーザーは、本条の違反により、当社に損害を生じさせた場合、当社が被った全ての損害を賠償するものとします。なお、ベンチャーユーザーは、当社の名誉の維持および回復のために必要な事項の実施につき、自らの費用負担により当社に協力するものとする。

3. ベンチャーユーザーが、前項の事項について充足できない、または遵守できないことを認識した場合は、可能な限り速やかに当社へ通知するものとします。

 

第19条(連絡・通知方法)

1. 本サービスに関して、当社がベンチャーユーザーへ連絡を行う必要があると判断した時は、本サービス上もしくは当社ウェブサイト内の適宜の場所への掲示、電子メールの送信、その他当社が適当と判断する方法により行うものとします。

2. 当社が電子メールの送信による通知を行った場合、当社からの通知は、ベンチャーユーザーが登録したメールアドレスにメールを送信することをもって、当該メールが通常到達すべきときに到達したものとみなします。

3. 本サービスに関する問い合わせその他ベンチャーユーザーから当社に対する連絡または通知は、当社ウェブサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームへの送信その他当社が指定する方法により行うものとします。

 

第20条(権利義務の譲渡禁止)

1. ベンチャーユーザーは、当社の書面(電子メールその他の電磁的方法による場合を含みます。)による事前の承諾がある場合を除き、本規約に基づくベンチャーユーザーの権利もしくは義務、または本規約上の地位について、第三者への譲渡、承継、担保設定、その他一切の処分をすることはできません。

2. 当社が、本サービスにかかる事業を第三者に譲渡し、または当社が消滅会社もしくは分割会社となる合併もしくは会社分割等により本サービスに係る事業を包括承継させたときは、当社は、当該事業譲渡等に伴い、本規約上の地位、権利および義務ならびにベンチャーユーザー情報その他の会員メディアに関する情報を当該事業譲渡等の譲受人または承継人に譲渡することができるものとし、ベンチャーユーザーは、あらかじめこれに同意するものとします。

 

第21条(分離可能性)

1. 本規約のいずれかの条項またはその一部が、法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、当該無効または執行不能と判断された条項または部分(以下「無効等部分」といいます。)以外の部分は、継続して完全に効力を有するものとします。当社およびベンチャーユーザーは、無効等部分を、適法とし、執行力をもたせるために必要な範囲で修正し、無効等部分の趣旨および法律的・経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

2. 本規約のいずれかの条項またはその一部が、あるベンチャーユーザーとの関係で無効または執行不能と判断された場合であっても、他のベンチャーユーザーとの関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

 

第22条 完全合意

本規約は、本サービスの提供条件その他本サービスの提供および利用に関する当社および登録会員間の権利義務関係のすべてを示すものであり、本規約において特に明示されていない提案、取り決め、および合意については両者を法的に拘束しません。

 

第23条(準拠法および合意管轄)

本規約は日本法に準拠するものとし、本規約に起因しまたは関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第24条(本規約の改定・変更)

1. 当社は、当社の判断において、いつでも本規約の内容を変更または追加できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サービス上または当社ウェブサイトに掲示された時点より効力を生じるものとします。

2. 当社は、本規約を変更した場合には、直ちにベンチャーユーザーにその旨を通知します。ベンチャーユーザーが本規約の変更後も本サービスの利用を継続するためには、ベンチャーユーザーが当該変更内容に同意する必要があり、ベンチャーユーザーは、変更後の本規約に同意しない場合には、直ちに当社が別途定める方法に従って本サービスの利用を終了するものとします。

 

第25条(協議解決)

当社およびベンチャーユーザーは、本規約に定めのない事項または本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上、速やかに解決を図るものとします。

 

第26条(存続条項)

第1条、第4条第4項および第5項、第5条第4項、第6条、第7条第3項および第4項、第8条第3項、第9条第2項、第10条、第12条第4項、第5項および第7項、第13条、第14条、第15条第3項および第4項、第16条第3項および第4項、第17条、第18条第2項、第19条乃至本条の規程は当社およびベンチャーユーザー間の本規約に基づく契約関係が終了した後も引き続き有効にその効力を有するものとします。但し、第14条第4項については、当社およびベンチャーユーザー間の本規約に基づく契約関係が終了した後3年間に限り、引き続き有効にその効力を有するものとします。

 

2022年4月1日 制定

 

Morning Pitch Venture Press Room
についての
お問い合わせは
こちらからお願いします