モーニングピッチ

STARTUPS

航空・宇宙

ヘリコプターと着陸地の独自データベースに基づく 国内唯一のオンデマンドシステム「AIROS (エアロス)」 詳しくは »

超小型衛星群を使った世界初の光空間通信ブロードバンドネットワークで、宇宙を総オンライン化することを目指す。5年で2倍成長、2兆円規模の地球観測市場では昨今、観測衛星の爆発的な増加と低軌道化によって、衛星から画像データを送るための通信インフラがパンクしており、ここを根本的に解決するソリューション。衛星間を光通信で結ぶため、最大1Gbps/24時間/365日データリンクが可能。地球観測衛星事業者は、地上へダウンリンクできる観測データの総量を飛躍的に拡大することができ、売上のトップラインを大幅に引き上げることが可能。 詳しくは »

小型 SAR(合成開口レーダー)衛星の開発・運用 衛星データ解析によるソリューション提供 詳しくは »

宇宙・人・技術をVRでつなぐ VR技術を用いた宇宙コンテンツの開発・販売 詳しくは »

『宇宙が、みんなのものになる。』をビジョンに 誰もが飛行機に乗るように自由に宇宙を行き来する未来を実現 詳しくは »

科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 世界初人工流れ星「Sky canvas」 詳しくは »

衛星との常時リアルタイム高速通信を可能に 世界初の小型衛星を使った衛星間通信ネットワーク「WarpHub」 (筑波大学発認定ベンチャー) 詳しくは »

科学とエンターテインメントの両立を掲げた民間宇宙企業。夜空をキャンバスに見立て人工流れ星で演出する「Sky Canvas」事業の研究・開発に取り組んでいます。 人工衛星を宇宙空間に打ち上げ、流れ星の粒を放出・大気圏に突入させることで、地上では直径200kmという範囲で、壮大なリアルエンターテインメント体験を創り出すことを目指しています。 これは同時に、世界に先駆けた日本の技術者たちによる民間宇宙への挑戦でもあり、これまで遠く感じていた宇宙を、人工流れ星によって身近に感じて頂きたいと願っています。 詳しくは »

NASAに採用された重力制御装置「Gravite®」を開発するベンチャー企業。 「Gravite®」は、幹細胞培養技術としてだけでなく、植物や微生物などと重力の影響を研究するツールとして活用されています。また、医工連携で生まれた歩行補助装置「RE-Gait®」は、脳梗塞後の片麻痺患者さんのリハビリの場で活用されています。さらに、この二つの事業を統合した「中枢神経系の再生医療センター」を大きな目標に掲げ、患者さんや研究者の皆さんに笑顔を届けることを目指します。 詳しくは »