モーニングピッチ

STARTUPS

医療・医療機器

話者側で対話を改善し難聴者をサポートする対話支援機器「comuoon」を開発・販売するベンチャー企業。「comuoon」は2013年12月に発表され、現在国内で7000台が利用されています。 日本における難聴者数は約1,500 万人と言われています。難聴により音声情報の取得に問題が生じ、その結果、社会参加が難しくなるなど大きな問題となっています。また難聴により認知症検査において認知症と誤診されるケースも発生しています。 8月には米国神経学関連誌「Neuroreport」で脳への有用性が報告されました。 詳しくは »

空気感染対策装置「エアロシールド」の開発・販売を手がけるベンチャー企業。 2020年に新興感染症が国内で広がると、外国人観光客が減少する影響だけで経済損失が2.7兆円生じると政府が試算しています。 昨今感染症に関連するニュースが増えていますが、これはごく身近なことで、他人事ではありません。 この社会課題を解決すべく、当社は空気殺菌装置をはじめ、衛生・環境関連の製品開発を行なっています。 エアロシールドは、実空間での浮遊菌数減少のデータ蓄積があり、実用性と高い信頼性のある空気環境対策製品です。 詳しくは »

NASAに採用された重力制御装置「Gravite®」を開発するベンチャー企業。 「Gravite®」は、幹細胞培養技術としてだけでなく、植物や微生物などと重力の影響を研究するツールとして活用されています。また、医工連携で生まれた歩行補助装置「RE-Gait®」は、脳梗塞後の片麻痺患者さんのリハビリの場で活用されています。さらに、この二つの事業を統合した「中枢神経系の再生医療センター」を大きな目標に掲げ、患者さんや研究者の皆さんに笑顔を届けることを目指します。 詳しくは »

情報医療AIの活用で患者一人一人に寄り添った治療を いつでもどこでもスマホで診療・処方が受けられる遠隔診療アプリ「curon(クロン)」 詳しくは »

尿から栄養の過不足を評価する パーソナル栄養検査サービス 「VitaNote 」 詳しくは »

あいたい人に会え、 行きたいところに行ける未来を実現 遠隔分身ロボット「OriHime」 詳しくは »

現役の母親世代の女性を乳がんから守る 超音波を使用した乳がん検診機を開発する東大発ベンチャー 詳しくは »

医療、エンジニアリング、サイエンスを融合する 継続可能な健康寿命の設計「Trac」 詳しくは »

Pepperを活用し言語訓練アプリを提供する 失語症患者のコミュニケーションを支える「Robocure」 詳しくは »