Startups

Movie

スマートフォン・タブレットからの試聴には、アプリ『GigaCast 録画ビューワー』のダウンロードが必要です

最新医療情報や獣医師同士での情報交換など獣医師のための情報が満載
獣医師みんなでつくる情報交換コミュニティ「Vetpeer(ベットピア)」

 

 

ピッチ概略

以下は当日のMorning Pitchのピッチ概略です。ただし、運営事務局が一部編集しております。

圧倒的な情報量で獣医師をサポートするVetpeer

株式会社Zpeerは、最新動物医療情報などペット獣医師に有益な情報が満載な、獣医師情報交換コミュニティ「Vetpeer(ベットピア)」を提供している。

ペットを取り巻く社会で、最も大切な役割を担っているのは獣医師だ。獣医師は動物病院でペットの診察を行っているのはもちろんのこと、薬や健康的なフードの開発や、飼い主に対する教育でも重要な役割を果たしている。

獣医師は、ペット業界の重要な役割を担うと同時に日々情報収集に追われている。なぜなら獣医師は犬や猫、鳥など様々な種類の動物を診なくてはならないからだ。種類が違えば診断方法も治療方法も異なるし、人間で言うところの内科医・外科医・眼科医・歯科医などの役割を獣医師1人で担わなければならないのだ。

さらに彼らは病院経営者でもあるため、投資をして人を雇いマーケティングもしなくてはならない。このように獣医師がやることは無数にあり、ひとつひとつこなしていくことは非常に難しい。そこでZpeerがリリースしたのがVetpeerだ。

 

 

獣医師同士のインタラクティブなコミュニティ

Vetpeerは、獣医師だけに特化した会員制情報交換コミュニティだ。このコミュニティでは、治療方法が確立していない病気や獣医師の中でも意見が分かれるような事象について掲示板形式で議論したり、獣医師同士でアンケートを取り合うような機能が備わっているなど、獣医師同士でインタラクティブなコミュニケーションをとることができる。さらには、日本獣医師会等とも連携しており、日本獣医師会の学術講演会の様子をVetpeer上で放送する等の取り組みも行っている。

掲示板形式で獣医師が議論したり、アンケートをとることもできる

 

またVetpeerは、獣医師とのつながりを活かして、動物病院向けに商品を販売しているメーカーへのサービス提供も行っている。例えば、ペット医療市場の調査や商品のプロモーション、症例収集や治験に参加する獣医師を募集するなどといった付加価値の高いものだ。Vetpeerは、動物用医薬品、療法食の市場の90%以上を占めるメーカーと取引がある。

動物病院向けのサービスを展開しているメーカーの90%以上がVetpeerを活用

 

 

今後は畜産領域の動物医療向けサービスや動物病院向けECにも進出

Vetpeerは非常に好評を頂いており、ペットの臨床獣医師の半分以上の方に利用されている。登録いただいた後もかなりアクティブに活用して頂いており、1か月スパンで見るとアクティブ率は50%程となっている。

月間PVは30万程度だ。この数は一般的なサイトから見れば平凡な数字に見えるが、ペットの臨床獣医師が1万数千人しかいないという事実に鑑みると、この数字は驚異的なものである。(編注:数字はすべて登壇時のもの)

現在Zpeerは、ペット医療製品の開発やマーケティングサポートをしているが、今後は動物病院に対するECや畜産領域の動物医療にも進出するつもりだ。

コアバリューを活かして、ECや畜産領域向けにも拡大

 

 

登壇者

株式会社Zpeer 副社長 兼 COO 藤本 裕 氏

東京大学大学院工学系修士、コーネル大学MBA(総合成績トップ10%の優秀賞受賞)
ZS Associates, ロサンゼルス・東京オフィスで、製薬企業に対する経営コンサルティングに従事した後、大塚製薬のグローバル事業部BI担当部長に就任。
2013年2月に大塚製薬を退職、6月に株式会社 Zpeer を創業。
奈良県奈良市出身、1981年生まれ。
(株式会社Zpeer HPより引用)

 

 

会社概要

代表者
野川 真義
住 所
東京都新宿区西新宿7-7-26 ワコーレ新宿第1ビル806
資本金
非公開
設立日
2013年6月27日
登壇日
2017年03月23日
URL
http://zpeer.info/
テーマ
事業提携ニーズ