モーニングピッチ

STARTUPS

no movie

 

チャット健康相談で企業のヘルスケア経営を推進
社員の健康をつくるオンライン保健室「carely」

ピッチ概略

以下は当日のMorning Pitchのピッチ概略です。ただし、運営事務局が一部編集しております。

従業員の健康問題に社会として取り組む

株式会社iCAREは、「働くことで健康を害してはならない」と考えている。最近も、過労が原因で自殺された方に関するニュースが話題となったが、従業員の健康問題は企業の問題であり、また社会の問題でもある。人生の中で長時間を占める「働く」ひとときをより楽しく、幸せな時間にしてほしいとの想いから、すべての従業員がCareされる新たな場と機会を提供していきたい。

そこでiCAREでは、働くひとが気軽に健康相談できるチャットサービス「Carely」を提供している。CarelyはBtoBtoEのサービスで、従業員1人につき300円で利用できる。今まで「忙しい」、「病院に行くべきか判断できない」などの理由から受診が遅れ、具合が悪くなるまで待つしかなかった従業員に対して、チャットを通して専門家が健康サポートをしてくれるサービスだ。

 

チャットだからこそ実現できる「気軽さ」

法人向け健康相談市場には多くのサービスが存在しているが、Carelyはチャット形式であることが特徴だ。電話や対面の健康相談ツールは従業員の認知度が低く、従業員からのコミュニケーションになるなどの理由から使用率が低く、利用シーンも限定されていたりする。

他方、Carelyはツールとしてチャットを用いているため、健康相談の心理的なハードルが下がり気軽に健康相談を行うことができている。ユーザがCarelyを利用しているのは昼休みや休憩の時間帯が多く、仕事の合間に利用されることが多い。Carelyは他社サービスと比較して月間利用率20倍以上と圧倒的に高い数字を誇っている。

Carelyで最も多い相談内容はメンタルヘルスに関する相談であるが、相談の半分以上は「睡眠トラブル」や「健康診断関連」などメンタルヘルス以外の内容で、腰痛や肩こりなどライトな相談も多い。Carelyを日常的に利用してもらうことで、日頃から気軽に相談できる「オンライン保健室」として日本中のインフラになるよう広げていきたい。

 

会社概要

代表者
山田 洋太
住 所
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル2号館6F
資本金
1億1,500万円(資本準備金含む)
設立日
2011年6月
登壇日
2016年12月08日
URL
https://www.icare.jpn.com/
テーマ
事業提携ニーズ