モーニングピッチ

STARTUPS

no movie

 

楽曲ファイルとジャケ写があれば誰でも簡単販売
自分の曲を世界中の配信サイトで販売できる音楽サービス「TuneCore Japan」

ピッチ概略

以下は当日のMorning Pitchのピッチ概略です。ただし、運営事務局が一部編集しております。

誰でも簡単に楽曲を世界配信できるTuneCore Japan

チューンコアジャパン株式会社は、「世界の音楽チャートに日本を」というミッションを掲げた会社で、音楽レーベルに所属していなくても、誰でも自分で作った楽曲を世界中の配信ストアで販売できる音楽プラットフォーム「TuneCore Japan」を運営している。TuneCoreは、もともとアメリカでサービスを行っており、私(チューンコアジャパンの野田代表)がアメリカに渡り交渉の末、Wano株式会社とTuneCoreとのジョイントベンチャーとして日本で2012年からサービス展開しているものだ。

世界で第2位の音楽産業と言われる日本の音楽コンテンツは坂本九以来、53年間1度も米ビルボードなどの音楽チャートにチャートトインしたことがなかった。これほど日本の音楽コンテンツは世界的認知度が低いのだ。2016年頃からBABYMETALや宇多田ヒカル、ピコ太郎といったアーティストがチャートインをして、ようやく認知され始めてきたのが現状だ。

しかし、この様なチャートインは単発で終わってしまうことが多いため、これをデイリーやウィークリーという継続的にチャートインするような時代を作っていきたいとチューンコアジャパンは考えている。そうした時代を実現するために提供しているのが、誰でも使える音楽の流通サービスTuneCore Japanだ。

TuneCore Japanにコンテンツをアップロードするだけで世界に流通

 

世界中の音楽配信サイトを網羅

個人法人を問わずアーティスト(権利者)は、自らが権利をもっている音源・画像・テキストをTuneCore Japanのサイトにアップロードするだけで、日本を含め世界120カ国以上の配信ストアで販売、配信、ストリーミング配信ができるよなる。TuneCore Japanで配信できるストアには、iTunes StoreやApple Music、レコチョク、LINEミュージックをはじめとする有力配信サイトがほぼ全て網羅されている。

またこの時、TuneCore Japanを通して配信された曲やアルバムは、そのアーティストの有名無名に関わらず、有名レーベルと同じレイヤー、スタイルで表示させることが可能だ。

 

レジェンドから新人までTuneCore Japanを活用

TuneCore Japanのサービスには4つの特徴がある。

① 収益をアーティストに100%還元する
配信ストアの手数料はかかるものの、それ以外の収益は全てアーティストに還元され、チューンコアが得るマージンはゼロだ。

② 権利はそのままアーティストのものになる
コンテンツの権利はチューンコアジャパンのものではなく、アーティストに残したままであるため、自分の活用したい時に自由に使えるのだ。

③ 最短2日で世界配信ができる
コンテンツをTuneCore Japanのサイトにアップロードしたら、各種配信サイトを通じて最短2日で届けることができる。

④ バックオフィス的な部分をチューンコアが担う
コンテンツ販売におけるレポーティングやお金の回収などバックオフィス的な部分は全てチューンコアが担う。そのため、アーティストは専門的な知識がなくてもPC1台でコンテンツを世界に配信できるのだ。

国内・海外の配信ストアはどんどん拡充されていく

TuneCore Japanは、様々なアーティストに選ばれている。ユーザにはレジェンドと呼ばれるような有名アーティストから、話題のアーティスト、新人アーティストまでおり、幅広いアーティストが TuneCore Japanを使用している。音楽アーティスト以外にも、ユーチューバーや声優、タレント、ボーカロイドなどが活用している。

 

日本の楽曲を世界へ

TuneCore Japanは2016年単年で約8.2億円、累計では14.5億円ほどをアーティストに還元している。そのうち8%ほどが海外からの収益だ(編注:2017年6月現在)。

冒頭にも述べたように、「世界の音楽チャートに日本を」が我々のミッションだ。海外収益比率を50%まで引き上げ、日本のアーティストや音楽が世界に届くためのプラットフォームとなっていく。

今後も楽曲などの権利を持っているコンテンツホルダーや、TuneCore Japan上にあるコンテンツを活用したい企業、音楽レーベルを作りブランドを強化したい企業などとの提携を進め、日本の音楽を世界中に届けていく。

 

 

登壇者

チューンコアジャパン株式会社 代表取締役社長 野田 威一郎 氏

東京出身。香港で中学・高校時代を過ごし、慶應義塾大学卒業後、株式会社アドウェイズ入社。2008年に独立しWano株式会社を設立。2011年にはTuneCore Japanを立ち上げ、2012年10月にサービスを開始。
野田氏掲載HPより引用

 

 

会社概要

代表者
野田 威一郎
住 所
東京都渋谷区恵比寿南1-24-2 EBISU FORT 1F
資本金
45,000,000円(2014年5月現在)
設立日
2012年2月29日
登壇日
2017年06月15日
URL
http://www.tunecore.co.jp/
テーマ
,
事業提携ニーズ